1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 逆張り戦略のストップロスに関する矛盾
  4. システム設計 » 
  5. 逆張り戦略のストップロスに関する矛盾

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

逆張り戦略のストップロスに関する矛盾

※ネタがないので昔書き溜めてた記事の1つです。


「このシステムのルールはシンプルです。」

「10日間のRSIが20を下回れば翌日に買い、80を上回れば翌日に売ります。」

「リミットは200pips、ストップは100pipsです。」


このようなロジックを良く目にします。


この例のように、典型的な逆張りルールでは、
あるインディケータが閾値(しきいち)を下回れば買いエントリーを行います。
上の例でいうと、RSIが20を下回れば買いというふうに。

売られすぎを買い、買われすぎを売るというのが逆張りの基本なわけですから
これ自体に問題はありません。

いまRSIが20を下回り買いエントリーを行ったものの、
下落は止まらず100pipsのストップ(損切り)になったとしましょう。

さて問題は翌日です。

このような場合多くは損切りした当日も依然としてRSIは20を下回っており、
買い条件を満たしています。

つまり最初に示したルールに愚直に従うのではあれば、
損切りした翌日も成行き買いを行うことになります

もしそれでも下落が止まらず再び100pipsのストップをつけてしまった場合も
ルールは同様に翌日成行き買いです。

このルールでは暴落時、買い→損切り→翌日買い→損切り・・・のループに
ハマッてしまいますね。

このようなエントリーは、このシステムの作者の意図したものではないでしょう。

FXシステムトレード研究



作者はここで1つルールを付けたします。

それは、
損切りになったら、RSIが1度20以上に戻るまでエントリーは行わない。
というルールです。

これで上で挙げたような損切り→翌日買い→損切り→・・というループを回避できます。

しかしそれは同時にトレード結果が次回のエントリー条件の一部を決定するということを意味します。

マーケットの動きがあなたのトレード結果によって影響を及ばされることはまず考えられないので、このようなルールを付け足すということは、そのルールを別の新しい戦略として吟味しないといけません。

例えば
RSIが20以下になった翌日からX%下落したら順張りでショートし、RSIが20以上に戻るまでホールド
というルールの下でどれぐらいサンプル数があり、どの程度のパフォーマンスが得られるかということを調べる必要があるということです。

新しい順張り戦略のトレード数が少ないようであれば、信頼性も落ちますので注意が必要です。

以降、この売買ルールは当初のRSI逆張り戦略と新たな順張り戦略をミックスしたものとなります。
逆張りポジションの損切りは順張りの新規エントリーとの両建てという見方をすることでロジックの整合性がとれるということです。

そうしない限り、RSIが20以下でも買わない逆張り戦略というのは矛盾していると考えざるを得ません。

Comment

なるほど

たしかに、逆張りの損切り後にすぐに逆張るのは矛盾ですね。しかし、同様に、順張りの利食い後にすぐに順張るのも矛盾ですね。

ということは、OCO決済は矛盾のかたまりになる可能性がありますね。

考え込んでしまいました。^^;

  • takechan [#-] |
  • URL |
  • 2011 09/03 (Sat) 13:41
Re:なるほど

> takechanさん

逆張りの損切りの後にすぐ逆張るのが矛盾というわけじゃなくて、逆張りの損切りそのものが矛盾に陥る危険性があるということですね。
順張りの利益目標も同様です。

ちなみにこのメモは2010年の4月作成のものでした。
古いフォルダを整理してたら下書きを見つけたのでちょこっと手直しして出してみました。

損切り、利益目標、その幅はマーケットにとって何か理由があるのかということを考える必要があるということを昔の自分に教えられました(笑)

  • Phai [#qbIq4rIg] |
  • URL |
  • 2011 09/03 (Sat) 15:04
  • Edit
あっ!!

そうですね。

逆張りの損切り、順張りの利食い、そのものが矛盾の可能性がありますね。

利食いや損切りに依存するシステムには堅牢性なしとする説がありますが、こういったことと関係があるのかも知れませんね。

とても考えさせられて、寝込んでしまいそうな記事でした。(笑)

  • takechan [#-] |
  • URL |
  • 2011 09/03 (Sat) 15:25
No Title

ご無沙汰しております。

「RSIが20(80)を下回ったら(上回ったら)」と、「RSIが20(80)を下回っていたら(上回っていたら)」とはまったく異なります。したがってそのような矛盾におちいるのは、単にロジックを構築する過程において詰めが甘いだけなのでは?

たとえばMAクロスの場合、MA10>MA20=常に買い(売り)とは考えませんよね?(笑)

  • ぺん [#ZWvMzVNM] |
  • URL |
  • 2011 09/04 (Sun) 12:38
  • Edit
損切り

今回の記事は、某シストレ著名人が昔おっしゃっていた「損切りは必要か?」という話に通ずるものがあると感じました

そもそも固定幅(pips)っていうのが疑問ですがwそれは置いておいて、システム外の突発的事故用に保険的にストップを置く以外に自分都合のルールをシステムに入れる事は矛盾していてカーブに陥りやすいと言うことを具体例を示していて、わかりやすく、すばらしい記事だと思いました。

  • KEISHO_MAN [#-] |
  • URL |
  • 2011 09/04 (Sun) 12:45
Re:

> ぺんさん

RSIが20を下に抜けたときのみ買いエントリーすれば矛盾に陥らないということですね?
20の線を横切るというタイミングによってエントリー決めるということは純粋な逆張り戦略とはちょっと外れてしまいます。

20を横切るタイミングがなぜ重要なのか?
買われすぎ、売られすぎの指標としてRSIを使ったにもかかわらず、なぜRSI=18で買って、RSI=7では買わないことがあるのか? 
(RSI=18で買ってその後損きりしたときがRSI=7だったりすることがある)

という疑問が私にとってはすごく気持ち悪いものなので、
私はこのようなロジック構成は行わないようにしてます。

よく考えるとテクニカルインディケータのほとんどはこうした「点で合わせる」タイプの使われ方をしてますね。

  • Phai [#qbIq4rIg] |
  • URL |
  • 2011 09/04 (Sun) 16:41
  • Edit
Re:損切り

> KEISHO_MANさん

損切りや利益目標を設定は、逆にそのポイントでの新規エントリーで優位性があるのかということを考えればわかりやすいんですよね。

まあその辺はすでに十分ご理解されていらっしゃると思います。
「損切りは必要ない」と言っちゃうとあれなので(笑)、このような記事になりました。

  • Phai [#qbIq4rIg] |
  • URL |
  • 2011 09/04 (Sun) 16:47
  • Edit
> Phaiさん

さっそくのご回答、ありがとうございます。


「このシステムのルールはシンプルです。」
「10日間のRSIが20を下回れば《翌日に買い》、80を上回れば《翌日に売り》ます。」


このロジックでは、きちんとタイミングを指定しているように思えます。ロジックの前提となる根拠の確かさなどはまた別の問題だと思いますが、純粋な逆張りということであれば、そもそもRSIでトレンドかレンジかを判定することは不可能です。

したがって、このロジックを構築された方は、よくわかっていないけれども、とりあえずRSIを使ったロジックに逆張り戦略と名付けてトレードしようとしていると解釈するしかないように思います。

テクニカルインジケータが点的に使われるのは、確率密度(現在の価格に基づく将来価格の確率の濃淡)を測定する概念がないからだと思います。(存在するかもしれませんが、私は存じません)

  • ぺん [#ZWvMzVNM] |
  • URL |
  • 2011 09/04 (Sun) 17:09
  • Edit
Re:Phaiさん

> このロジックを構築された方は、よくわかっていないけれども、
> とりあえずRSIを使ったロジックに逆張り戦略と名付けてトレードしようとしていると解釈するしかないように思います。

あ、そうですそうなんです。
結局のところシンプルで整合性のとれたロジックというものをもっと意識した方が良いということで。


> テクニカルインジケータが点的に使われるのは、確率密度(現在の価格に基づく将来価格の確率の濃淡)を測定する概念がないからだと思います。

おそらく多くはそうした意識とかなく、ただ単に意図しないエントリーを回避するためだけのように感じます。

  • Phai [#qbIq4rIg] |
  • URL |
  • 2011 09/04 (Sun) 22:08
  • Edit
No Title

なるほど、おっしゃるとおりだと思います。

>おそらく多くはそうした意識とかなく、ただ単に意図しないエントリーを回避するためだけのように感じます。

だとすると、恐ろしいというかなんというか(笑)。テクニカルにかぎったことではないと思いますが、私も「論理(話の筋道)的な整合性」に惑わされることなく(笑)、あくまで「科学的実証に基づいた整合性」をもとに、シンプルなトレードを心がけたいものです(自戒)。

何度もご足労、感謝いたします。ありがとうございました!

  • ぺん [#ZWvMzVNM] |
  • URL |
  • 2011 09/05 (Mon) 14:22
  • Edit
コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します

Page Top

Page Top

プロフィール

Phai

Author:Phai
4年前に専業トレーダーに転身。
トレンドフォロー系のシステムをメインに複数のシステムで資産運用を行っています。
メンバー100名以上→【FC2限定システムトレードコミュニティを立ち上げました

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
管理人に質問する

ハンドルネーム(必須):
メール(必須):
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。