1. Top » 
  2. 2012年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

主要7通貨の感応度(ヒストリカルベータみたいな)

為替市場がドル売り(買い)に動いたとき、それぞれ個別の通貨がどの程度連動するかを調べてみました。

(1)USDに対するEUR,GBP,JPY,CHF,AUD,NZD,CADの主要7通貨の1日の騰落率を出す。

(2)(1)の平均値を計算する。(7通貨を合計を7で割る)

(3)(1)と(2)を過去200日間で線形回帰させたときの傾きβをグラフにプロット。

(4)データは2005年1月1日から2012年1月27日までを使用。

FXシステムトレード研究


◆わかること

2005年から2年以上「安定」した時期が続いた。
なつかしき円キャリートレード全盛の時代。

2007年のサブプライムショック以降、
安定期が終焉し、いわゆる「リスク通貨」「リスク回避通貨」という区分けがはっきり見えてくる。
オセアニア(AUD,NZD)はβ=1.5以上で推移し、は0をまたぎマイナスとプラスを行ったり来たりするように。
AUDとJPYの鏡像関係もはっきりとわかる。

2007年以降バッと広がり各通貨の特徴が出たが、直近にかけてその広がりがゆっくりと収縮しつつある。
オセアニアのβは1.5を下回るようになってきたし、円もプラス圏へ。

財政問題で揺れたユーロのβは少し上昇。(それでもオセアニアを超えるほどではない)
代わりにポンドが下落。
最近、たまにポンドだけ逆向きに動いたりするのもこのグラフで確認できる。

スイスは一般的にリスク回避通貨という区分けだが、
それは欧州のみに注目したときに明確になることで、全体の中での印象は薄い。

カナダはオセアニアの子分。
親分、子分の関係はキャリー全盛期から継続しており、
サブプライムやリーマンショック時にもほとんど変わっていない。


 【FX システムトレード派はこちら


スポンサーサイト

Page Top

プロフィール

Author:Phai
4年前に専業トレーダーに転身。
トレンドフォロー系のシステムをメインに複数のシステムで資産運用を行っています。
メンバー100名以上→【FC2限定システムトレードコミュニティを立ち上げました

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
管理人に質問する

ハンドルネーム(必須):
メール(必須):
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。